参議院選挙なんかどーでもいい

本日は2016年7月10日日曜日だ。あ、もう月曜日かな。

参議院選挙投票日だ。私は8日に不在者投票をすませた。

私の勤務先には、今度初めて投票権を行使する18歳の若い子はわんさかいるんで、勤務先が不在者投票所になった。便利、便利。

とはいえ、参議院選挙なんて、どうでもいいんよ、私は。

私にとっては、自民党は金持ちのオッチャンたち。

民進党は金持ちになりたいけど口に出さないオッチャンたち。

おおさか維新は、金持ちになりたいし、それを口に出すオッチャンたち。

共産党は金持ちは悪人だと思っているオッチャンたち。

生活の党とナンチャラは、金持ちになること以外に人間はするべきことがあると思っている非力なオッチャンたち。

他の党のことは知らん。

日本の政党に対する私の理解は、こんな程度のもんよ。

オッチャンばっかりじゃないよ、女性の政治家もいるだって?

そんなもん、女装した男みたいなもんだから、オッチャンでいいんだよ。

まともな女は、観察力と自己省察力がある女は、政治家になろうなんて思わない。

絶世の美女ならいざしらず、なんで不特定多数の人間に自分をさらせるんだ。新聞に写真が載るなんて、下品でみっともないだろ。

男は、まともじゃ ないから政治家になれるんだよ。

男は女なんか足元に及ばないほどのナルシストだ。自分が現実を良くできるという自己催眠力と妄想で生きていけるほどに脳が壊れてる。

だから、政治家やってられる。でなければ、あんな汚い醜い顔で国会議事堂を闊歩できんわ。

属国の日本のことは日本人に決定権があるわけではないんだから、政治家なんか誰でもいいの。

属国ではない日本を引き受ける勇気は、今の日本人にはないというより、世界覇権国、帝国にならなければ属国なんだから。

どの国も対等なんて、あーた、グローバル偽善ごっこ国際連合(United Nations第二次世界大戦勝利国団体)みたいなこと言っても、しかたないんよ。

ともかくさ、世の中がどうなっても、自分の人生を引き受けて生きていくことが私の仕事なんで、それだけが大事なことなんで、他のことなんか、どうでもいいの。

だから参議院選挙の結果なんて、どうでもいいの。

ほんとうに知りたいことは、世の中がどう動こうが、どんな変動があろうが、自己防衛できる方法だ。唯我独尊で生きていける技術だ。

人々と連帯することで、より良い社会を作ってゆけるなんて思ってないの、私は。

人々って、抽象的なもんじゃない。

あの人に、この人に、ああいう人に、こーいう人だ。

うざいばっかじゃないの。なるたけいっしょにいたくないわ。

いっしょにいたら疲れるわ。

私なんて気が小さいから、他人といっしょにいると、たとえ家族でも、気を遣ってしまって遠慮して消耗する。

私は、他人といっしょにいるには厚かましさが足りない。

「いっしょにいる料金時給3000円」なら、いっしょにいるけど。

まあ、職場の同僚というのは、時給3000円とまではいかずとも、いっしょにいることで時給が支払われるようなもんだから、いっしょにいられる。時間限定で協力もしあえる。

が、「人々との連帯」って何だ?

利権団体って言えよ。

「利益を同じくした人々と力を合わせて圧力団体になりましょー」ならわかるけど。

それ以外に、「連帯」なんてありえんわ。

一種の時給が支払われないような人間関係でなければ、維持はされない。

政治というのは、そういう利権団体どうしの闘争だ。

それ以外の何物でもない。

民主主義なんてないの。

どの利権団体が強いか、なの。

どの利権団体が、巧みに愚民たちを騙すことができて、愚民たちを自分たちの応援団にできるか、なの。

そのために、どの利権団体が、もっともらしい耳障りのいい言説を伝播できるか、なの。

これをプロパガンダと言う。

何が政治思想だ。

思想で動いているのかよ。

利権で動く。利益で動く。支配欲で動く。

それ、人間の常。普通のこと。自然なこと。

だから嘆いても否定してもしかたない。

そんなことを心の中で毒づいている私であるが、なぜにいつも投票に行くの?

それは、女性参政権実現のために人生を費やした物好きで不器用な同性の先人たちの気持ちを考えるから。

一応、私はフェミニストなんで。

もっとも、日本における女性参政権は、フェミニストたちではなく、マッカーサーによって実現されたけれど。

ともあれ、投票で何かが変わるとは思えない。

でも、それでも、人間は希望を持ってしまうんだなあ。

どんな腐った人間でも、どこかで、何か大義を探してるんだなあ。

待っているんだなあ。

で、騙されちゃう。

ただただ生きて死んでいくだけでいいのに、ついつい、考えたってどうしようもないこと考える。

生き物としては変態の人間。

そういう自分の中にもある「人間の持つ生き物としては逸脱した過剰な変態的な、大義を求める心」の青臭さを、しょうもない……と思いつつ、今度の選挙も、テキトーに政党の名と候補者の 名を書いた私だった。

参議院選挙なんかどーでもいい” への6件のフィードバック

  1. 大義を求めるこころの青臭さ、湧き上がってしまうのはなんでだろう?
    生きて死ぬまでの時間埋め合わせゲームを楽しみたいんだな私、だって自分の体をよく生かしておくには、湧き上がる何かが自分を可愛がる本能と繋がるようになってる気がするから、妄想的解釈でした。。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中