SF映画『メッセージ』は既成概念を静かに破壊する

本日は2017年5月30日火曜日である。

26日土曜日のお昼過ぎに尾道&福山から名古屋に帰ってきた。

土曜日の夜は、くたびれてスッキリしなかった。

だから、レイトショーで映画を観に行った。

『メッセージ』というSF映画だ。原題はArrivalだ。

非常に非常に非常に良かった!!

地味ではあるが、これも傑作だ!

静かにではあるが、脳が無茶苦茶に刺激された。

認識が広がる高揚を感じた。

アメリカでアカデミー賞にノミネートされたが、音響賞だけもらったそーだ。

いやあ、この映画がアカデミー賞を受賞できるほど、人類はまだそこまで賢くないわ。

よく、こんな映画を作れたなあ!と感心した。

原作も読んでみた。

「あなたの人生の物語」Story of Your Lifeだ。

中国系アメリカ人のテッド・チャン(Ted Chiang: 1967-) が書いた。

彼の短編集『あなたの人生の物語』(Stories of Your Life and Others)に含まれた同じタイトルの短編小説が原作である。

ほかの短編も面白いよ。

http://amzn.to/2sfDciu

http://amzn.to/2sfIXfJ

原作を読んで、またビックリ!

この短い小説から、あれだけの映画作品をよく作ったものだ!!

凄い。凄い。すさまじい想像力だ。

映画と原作は、かなり違います。

コンセプトは同じですが。

映画は、一応は娯楽作品にしないと稼げないしね。

わかりやすくしないといけないしね。

あの原作を、あれだけ理解しやすく、しかも視覚的に表現した映画『メッセージ』は、哲学的思考とエンターテインメントの融合の成功例だ。

この映画は、フラッシュバックという技法をフラッシュフォーワードという技法にもした……

むふふふ……

ここで勘のいい人は、わかっちゃうな。

あらすじは書きません。

まあ、簡単に言えば……

未知の物体が地球上に出現して、その物体には生物が乗っていて、その生物とコミュニケーションをとるために人類が試行錯誤して、やっと意思の疎通ができるようになって、彼ら(か、彼女か知らんが)が地球に来た目的を知るという話だ。

今までのSF映画ってさ、最初から宇宙人が地球語を話したでしょ。

もしくは、テレパシーで語りかけてくるとかさ。

そういう設定はデタラメだよね。

地球人中心主義よ。

御都合主義ね。

あくまでも、地球人の認識の枠内で物語が展開する。

映画『メッセージ』においては、その地球外生物の言語体系は、人類のそれとは全く違う。

たとえば、人類の言語には、言葉の配列に規則性がある。

これが文法だ。

時制がある言語もあれば、時制のない中国語のような言語もある。

そんな中国語でも、過去を示す言葉や未来を示す言葉がある。

何かを記述するときに、人類のどの言語も時間の進行どおりに説明する。

時系列に記述する。

因果関係を示して記述する。

リニアに説明する。

ところが、映画『メッセージ』に登場する地球外生物「ペトラポッド」(7つの脚という意味)の表意言語には、ほんとうに時制がない。

ほんとうに時制がないというより、時間意識がない。

過去も未来も現在もない。

同時に進行しているのだ、過去も現在も未来も。

発声言語もあるが、主として「ペトラポッド」の言語は表意言語である。

形の違いで意味の違いを示す。

漢字みたいなもんね。

ただし、文字というより、書道の墨の染みみたいな形の組み合わせで表現する。

この黒い染みの形の差異で、意味が変わる。

原作において、上のような「ペトラポッド語」が表現されているわけではない。

このような図象を考案したのは、映画制作陣である。

すごいわ〜〜〜

中国のカリグラフィ(書道)からヒントを得たそーだ。

ともかく、主人公のほとんどの人類の言語を理解できる言語学者の女性は、ペトラポッド語を解明し、ペトラポッド人たちと意志の伝達に成功する。

で、彼ら(雌雄の概念も地球にしかないのかも)が地球に来た目的を知る。

そんなことはわからない諸外国の中には、ペトラポッドに軍事攻撃をしかけようとする大国もあった……

ヒロインは、どうやって、その大国の司令官にペトラポッド総攻撃を中止させるのか?

ここらあたりが、映画のクライマックスである。

ここは書かないぞ〜〜♬♬

映画を観に行ってちょんまげ。

その方法は、ヒロインがペトラポッド語を理解し、その認識法を受容できたからこそ、実行できた。

ヒロインは、人類の既成の認識法とは別の認識力を得た。

それは、物事を全体に丸ごとに見ること。

悲劇も喜劇も同じだ。

そのまま受容すること。

未来に起きることを知っていながら、現在を生きること。

過去は完結した安定的なものではない。

現在によって解釈が変わるもの。

だから未来も変わる。

過去も未来も現在によって変わる。

ペトラポッドたちは、自分たちの未来を知っていた。

自分たちが滅びることを知っていた。

しかし、地球の人類の手を借りれば、自分たちが生き延びる可能性もあるとも知っていた。

だから、その3000年先のために、地球人に自分たちの言語を教えに地球に来た。

3000年後に、地球人とペトラポッド人が意志の疎通ができるように。

それが完了したとき、ペトラポッド人たちの乗り物は消える。

次元の彼方に消える。

後日に、ヒロインは、ペトラポッド語の解明により、「宇宙共通の言語」Universal Languageを作る偉業を成し遂げる。

ネタバレしちゃって、すみません。

こういう展開は映画版だけです。

原作は、もっと静かに展開する。

この作者は、日系英国人作家のカズオ・イシグロに影響を受けているかもしれないなあ……

それはさておき……

この映画の、原作の要点は、そーいうことではない。

地球人と地球外生物の異文化コミュニケーションなんかがテーマじゃない。

認識法にはいろいろあるってことだから。

時間は、フィクションってことだから。

時間は、地球人に支配的な認識法が生み出した錯覚だから。

すべては、今ここにあるんだから。

よく失敗した人生などないと言われる。

すべてに意味と恩寵があるという説がある。

反対に、どんな人生も死に向かうのだから負け戦だという説もある。

どっちでもいいんじゃないの。

どっちみち、私たちが持てるのは、今というこの瞬間しかないのだから。

すぐに消えていく この今しか。

今が幸せならば、過去が肯定され、未来が祝福される。

予言された時点で、予言内容は実現しないという説がある。

人々の意識が 予言内容に干渉して、変わってしまうそーだ。

そうか。

今のあなたの意識が世界を変えるわけだ。

世界の未来を変え、歴史を書き換えるわけだ。

SF映画『メッセージ』は既成概念を静かに破壊する” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中