プー子から見た風景 (5) 手仕事の世界

本日は、2017年5月31日水曜日だ。

5月も終わりだ。

私が、正式に無職のプー太郎ならぬプー子になってから2ヶ月過ぎたのだ。

今の私のマイブームは、「手織り」である。

なんでかっというと、このBlogにも書いたように、「トヨタ産業技術記念館」の織機の展示に魅せられてしまったからだ。

特に、初期の頃の手織り機に、ビビビッと来た。

「夕鶴」の鶴の精じゃないけれど、女性が腰掛けて機織り機でパッタンパッタンやっているイメージというものは、非常に郷愁をくすぐる。


(http://www.nunokirie.com/sin.nsakuhin1.htm より)

この手織りという作業は、注意力や集中力は必要ではあるが、基本は反復作業なので、無心になれる。

空っぽになれる。

そこがいい。

おそらく、昔の女性にとって、機織り仕事は、他の仕事よりはるかに楽しく、自分自身の世界に没頭できる作業だったのではないか。

織物という成果もあるし。

自分の手から、綺麗なものが生まれるのだ。

同じ手を使う作業でも、料理や調理は、そうはいかない。

掃除も洗濯も、そうはいかない。

料理も掃除も洗濯も労働だもんな。

たとえば料理という労働は、非常に忙しい。

段取りを随時考え、テキパキと作りながら片付けつつ、火加減を見て、テーブルセッティングするわけであり、忙しい。

相当な集中力と注意力が必要だ。

認知症の初期症状のひとつに、「料理ができなくなる、億劫になる」というのが、あるそーだ。

納得できる。

料理できなくなったら、おしまいだな……と私自身そう思う。

確かに、料理は頭脳労働系肉体労働である。

一方、手織りのような手仕事は、労働というより、手仕事だ。

無心に手と指を動かせばいい。

そこがいい。

「夕鶴」といえば、鶴が自分の羽を抜いて、錦(にしき)の布地を織ったそうだが、あの羽をどうやって糸にするんじゃ……とか、

鶴の羽は白いのに、なんで錦(にしき)の布地ができるんじゃ…..とか、

いろいろ疑問はわいてくる。

ともかく、布を織る女性像というのは、私のツボにはまった。

どういうツボか知らんが。

トヨタ産業技術記念館で織機をいろいろ見て以来、ネットで検索して、チョコチョコと手織り機について調べてみた。

意外にも、「手織り」というのは、連綿と女性の趣味として生き残っている。

根強い人気がある。

YouTube動画も、「手織り」で検索すると、いろいろある。

外国にも、いろいろある。

手作りの段ボール紙で作れる手織り機の紹介動画もある。

100円ショップにも、手織りキットが売っているそーだ。

「手織り教室」というのも、あちこちにある。

月謝週に1回で3000円とか。

それらの動画を漁っているうちに、手織り機の仕組みというものが、なんとなくわかってきた。

感心する。

誰が、こんな仕組みを考えついたのか?

織物は、縦糸と横糸を交差させて作る。

織り機は、その動作をする装置だ。

縦棒と横棒四方の枠を用意する。

経糸=縦糸(warp)を、横棒2本の間にピンと張り、シャトルといいますか杼(ひ)に緯糸=横糸(woof)を巻く。

横糸が巻かれたシャトルを通すための隙間(shed)を開ける綜絖(そうこう、heddle)を縦棒に固定させて、その綜絖を上下させて、縦糸の下を横糸にくぐらせる。

縦糸にくぐらせた横糸をしっかり打ち込む。

この動作を繰り返すことが、織るということだ。

下の動画を見てちょーらい。織るということの基本は、これだ!

不思議なんは、この綜絖よ。そうこう。

誰が考えついたのか?

どう考えても、人間業とは思えない発想だ。

私なんか何十年かかっても、思いつかないぞ、こんな仕組み。

餃子を考案した人物は天才だ。

小麦粉でも蕎麦粉でも、水と塩で練って麺にした人物は天才だ。

同じく、この手織り機の仕組みを考案した人物も天才だ。

人類の恩人だ。

ということで、私も「夕鶴」さん、やってみたくなった。

「よひょう、あんたの言葉がわからない!」と言ってみたくなった。

しかし、いくら私が馬鹿の脳足りんでも、最初からきちんとした「手織り機」なんて購入したらあかんとわかる。

卓上手織り機は2万円くらいからある。

本格的な手織り機だと、最低10万円くらいはする。

私の不器用さは私が一番知っている。

で、まずはおもちゃの手織り機をAmazonで購入した。

「キティちゃん手織り機」も売ってたけど、そっちは1200円。

この「プチおりき」は、864円だ。

だから、こっちを注文した。

http://amzn.to/2rTOhcq

説明書を熟読しつつ、作業開始。

最初は、縦糸の張り方を間違えた。

それでも、コースター作成。以下は処女作。

なんだ これ?

幼稚園児以下のできばえである。

今度は、縦糸の張り方を間違えずに織る。

前よりは、ましなコースター完成。

下の写真に写っている上のコースターが二番目に織ったものだ。

ほんの少しではあるが、進歩してる。

自分で作ったものとは愛おしいものである。

料理だって、自分が作ったものは、相当にダメでも食える。

それと同じで、手織り初体験で作ったコースターは、可愛い。

うーん、自分の子どもも、きっと強烈に可愛いいんだろうなあ。

自分で作ったんだもんね〜〜〜

子どもは、親の作品だ!

失敗作でも愛おしいのだ!!

いったい、フジモリは何をやっているのか。

暇つぶしのために、アホなことやってるわけではないよ。

賃金労働はしていないけれども、やるべきことは多いんだよ。

読むべきものは多いし、書きたい論文もある。

でも、せっかく賃金労働から解放されたのだから、今までできなかったことを、なるたけやる。

手仕事は、そのひとつだ。

「手縫い」の衣類作りもする。

ミシン使わずに、作る。

編み物もする。

私にとって記憶に残っている亡き母や、亡き祖母の姿というのは、何かいつも手仕事をしているというものだった。

母や祖母は、何か縫い物や編み物をしながら、タラタラと話していた。

祖母は、着物は全部自分で縫うことができた。

母は、そこまではできなかったが、洋裁で簡単な子供服は縫ってくれた。

私の世代だと、子どもの頃は既製服があまりなかった。

デパートに、子どもや10代の衣類のジュニアショップができたのは、1960年代に入ってからだ。

それまでは、みな手作りだった。

私は、母や祖母の生き方やライススタイルを否定して、足蹴にして、フェミニストになり、「職業婦人」というものになった。

その私も64歳となり、生まれて初めて「専業主婦」というものになった。

無職のプー子になり、手仕事を遊びにできるようになった。

やっと、亡き母や祖母の気持ちをほんの少しだけ想像できるようになった。

なんで、ちゃんとお礼を言わなかったのだろう。

作ってもらったことに。

当たり前のことと思って、母や祖母の手仕事の恩恵を受けていた日々よ。

これも、プー子になって見える風景である。

心の風景である。

温かい記憶である。

でもってですねえ、以下のコースターが、第3作目。

進化しております!

次は、不要の衣類を裂いて、それを糸にして織ることをやってみる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中