損切りだけが人生だ

投稿者:

本日は2018年2月14日水曜日である。

この時期になると、去年の今頃を思い出す。

4学期末試験終わって、卒業研究発表会が終わって、4学期の採点に成績報告を済ませて、福山撤退の準備に取りかかり始めた頃だ。

あの作業は大変だった。

21年間の単身赴任生活の撤退であり、31年間の正規雇用教員生活の撤退であった。

消耗した。

あの疲労を取るのには、随分と時間がかかったような気がする。

私にとって、最後の勤務先を1年早く退職するのは、一種の「損切り」だった。

あと1年で定年なのだから、あと1年くらい働けばいいのに……

肝臓が悪いとか、脚の不具合とか、癌の末期ではないのだから、なんとでも誤魔化せるではないか……

医師に診断書を書いてもらって、仕事なんていくらでもサボれば、1年間ぐらい誤魔化せるじゃないか……

大学の教員になるのは大変だったのだから、最後までやるべきではないか。

大学の専任教員になれたのは、やっと33歳の時だったんだから。

人様より10年以上も遅かったんだぞ。

31年間しか正規雇用で働いていないんだぞ。

年金のこと考えろよ。

大阪の桃山学院大学にいれば、定年は70歳なのに、わざわざ定年65歳の公立大学に来たこと自体が、そうとうに馬鹿なことだった。

実に損なことだった。

しかし、あのまま、猛烈に忙しい私立大学にいたら、大病になるのは目に見えていた。

だから、あえて損とはわかっていても、移るしかなかった。

しかし、予想以上の大損であった。

なのに、よりにもよって定年前に、65歳前に辞めるなんて。

新設の公立大学なので、大学としていろいろ整備されていなくて、いいことなんもなかったのだから、せめて定年くらいまで働けよ。

この損を少しでも挽回するためには、せめて、せめて、最後まで勤務すべきではないか?

ここで辞めるのでは、まさに踏んだり蹴ったりではないか?

心乱れた2015年の晩秋。

しかし、私の結論は、ここは、あえて「損切り」するしかない、というものだった。

「ここにこれ以上いても何のメリットもない。経済的にも赤字が続く。名古屋との二重生活を支えるだけの給与ではない。今までの努力や我慢を考えると惜しい気もする。が、ここは、あえて損切りしよう。長い目で見れば、今辞めるほうが、損は大きくならない」だった。

そうなんですよ。

今までに注いできた自分のエネルギーや忍耐を考えると、ここで諦めることは、もったいないし、自分が選択し、やってきたことへの冒涜ではないか?

決めた以上は、最後までやるべきではないか?

と思ってズルズル続けると、蓄積された損はもっと膨らむ。

自分へのプライドにこだわっていてはいけない。

始めた戦争が終われないのは、そのせいだ。

1942年、ミッドウエイ海戦ぼろ負け。

1943年、ガダルカナル島玉砕。

アッツ島玉砕。

今まで亡くなった同胞のことを考えたら、先人の積み重ねてきた苦労を考えたら、ここで南方を手放したら……台湾を手放したら……ここで朝鮮を手放したら……ここで満洲を手放したら……

もう一度大きな勝利を収めてから、和平交渉を始めよう……

このままでは、損ばかりで終わるではないか……

で始まった1944年インパール作戦。

またもや大失敗。

とグダグダやっているうちに、サイパンもグアムも陥落。

そこから飛び立つ米軍爆撃機による本土大空襲が始まった。

フィリピンのレイテ戦大敗。

1945年に硫黄島玉砕。

沖縄に米軍上陸。

長野県は松代の大本営と皇室シェルターが完成されるまでは降伏させてもらえなかった沖縄戦。

それでも戦争を終えることができなかった。

ここまできたら、連合軍も簡単には終わらせてくれませんって。

連合軍内部の利害の衝突もあるんだし。

8月6日に広島に原子爆弾が落とされた。

あれれと思ってたら、8月8日にソ連が宣戦布告してきた。

8月9日には長崎に原子爆弾。

8月15日敗戦後の満洲にはソ連兵が乱入し、満蒙開拓民は棄てられた。

http://amzn.to/2BrFp26

関東軍さんの幹部は、とっくの昔に逃げておりました。

関東軍とコネのあった在留邦人も逃げておりました。

作詞家のなかにし礼さんは、ご両親が関東軍の出入り業者であったので、軍人やその家族と最後の満州鉄道逃亡列車に乗ることができた。

http://amzn.to/2swseda

http://amzn.to/2CjsVWZ

http://amzn.to/2F1JYjp

http://amzn.to/2CjYP5F

「損切り」ができないと、もっともっと大きな損を重ねて破滅する。

大東亜戦争の敗北は、「損切り」できない日本人の典型的な事例となってしまった。

「損切り」は、人間関係でもしなければいけない。

ここまで人間関係を築いて維持してきたのだから、もうちょっと我慢してみよう、もうちょっと待ってみよう……

でないと、今までの私の努力はなんだったの?

私の選択眼が間違っていたの?

私の決断が間違っていたの?

いいえ、そんなはずはないわ……

必ず、私の忍耐は報われるわ……

と思っているうちに、どんどん傷つけられ、消耗し、金銭的にも損害が蓄積されていく。

ここは、認める。

私の選択と決断が間違っていたと。

目的合理性に欠けていたと。

私は馬鹿であると。

プライド捨てる。

もう、それまでの自分の努力や忍耐への未練なんか振り捨てる。

あえて、損切りする。

負け戦で撤退する。

この損切りは、肉親に対しても、友人に対しても、異性に対しても、勤務先に対しても、所属団体組織に対しても、するしかない時はするしかない。

「あかん、こいつは」と見定めたら、サッサと離れるしかない。

サッサと廃棄して逃げるしかない。

時には、その損切り対象は、自分が経営する会社だったり、自分の信仰だったり、思想だったりする。

転向を怖れてはいけない。

損切り対象は、ひょっとしたら自分の故郷や国の場合もあるかもしれない。

被った損を挽回できなくても、これ以上の損を回避するために、あえて撤退する。

これが、「損切り」だ。

65歳になって、振り返ってみると、私って「損切り」ばかりしてきたと思う。

自分の選択が正しかったとは思わない。

自分の選択により実行してきたことが成功したとは言えない。

全部が失敗だった。

はっきり言えば、私がしてきたことは全部が失敗だった。

ただ、私はその失敗を直視してきた。

綺麗事で誤魔化してこなかった。

「失敗から学べたのだから、いいわ」なんて自分に言い聞かせなかった。

「あかん、やっぱり私は馬鹿だ。もうやめた」と決断して、損切りし撤退してきた。

これは失敗ではなかったと思う。

私の人生の唯一の成功は、「損切り」であったのか。

まあ、これからも「損切り」を繰り返し、撤退を繰り返すのだろうなあ。

まあ、破滅せずに、自分の人生を歩き抜いていけばいいのであるよ。

馬鹿なんだから、賢いフリはしない。

というわけで、大恐慌がヒタヒタと近づいているようですので、副島隆彦氏や田中宇氏が指摘しておられるように、「損切り」して、株も手放した方がいいそうですよ。

まあ、ご意見はいろいろありましょーが。

http://amzn.to/2CmFAZq

http://amzn.to/2BX10QY

http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

4 comments

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中