[381] 生まれたくて生まれたんだから—-川崎殺傷事件について思う

投稿者:

本日は2019年5月29日水曜日だ。

昨日の5月28日は、夫の抗がん剤治療第8クール開始日で、朝の10時半過ぎから午後5時近くまで、夫の付き添いで病院にいた。

病院って、時間かかるよね、ほんと。

オキサリプラチン点滴とゼローダ療法は、今回で終わり。

来週にCT撮影して、様子を見るそうだ。

ジリジリわずかずつだけれども、腫瘍マーカーの数値が上がってる。

ということは抗がん剤が効いてないってことかもしれないので、別の抗がん剤を試したいというのが、主治医の外科医さんのお言葉であります。

いや〜〜だね〜〜♫♫

がん細胞さんたちとは仲良く共存していくんじゃ。

がん細胞を叩くって発想はいやだ。

昨日の28日は、朝から憂鬱だった。

川崎殺傷事件のニュースを病院に行く前にTVで知ったから。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052800747&g=soc

例の10連休黄金連休のはじめ頃に起きた池袋10人殺傷87歳暴走上級国民事件のときに、某神道系霊能者の「伊勢白山」さんが予言していた。

「これから、子どもが犠牲になる交通事故や事件が多発する。数人の犠牲なんてものではない規模の事件も起こりうる」って。

ついでに、「薬物中毒者の犯罪も増える。麻薬汚染は一般社会にもかなり広がっている」って。

確かに経産省とか文部科学省のお役人さんが麻薬所持で逮捕されてる。

仕事がハード過ぎるのだろうか。

空虚な仕事ばかりだから、精神的に追い詰められて薬物中毒になるのだろうか。

この本をKindleで買った。

近いうちに読みます。今は忙しい。

https://amzn.to/2Wb7xSt

この予言は、ここらあたりで実現ストップになってもらいたい。

ただでさえ少子化で子どもは大事なのに、虐待に、交通事故に、通り魔殺人のターゲット。

子どもが犠牲になるって、日本の未来がない感じで憂鬱になる。

川崎殺傷事件の犯人「岩崎隆一」は、女児を狙い、殺害した。

これは2001年6月8日の大阪は吹田市の池田小学校事件の犯人の「宅間守」と同じ。

包丁4本で、スクールバスを待つ小学生女児たちを襲撃した。

女児を襲うってことは、ものすっごく女性に恨みを持っているということだ。

逆説的に、強烈に女性に憧れ、女性を求めているってことだ。

女性の愛情を求めているってことだ。

それだけ女性に依存しているということだ。

つまり、「岩崎隆一」も「宅間守」も、母親に愛されなかったら息子の成れの果てだ。

しかしだ……

母親に受け容れられなかったことに、ずっとこだわっているなんて、どんだけ〜〜

虐待されても、親にすがってるって、どんだけ〜〜

頭が悪すぎる。

親子神話に洗脳され過ぎてる。

なんで、そこまで親にこだわるんだ。

親いったって、他人じゃないの。自分じゃない。

私が大学教員だった頃に、学生の中には、「僕なんか親も大したことないから……自分も何かできるとは思えない」とか言ってるのがいた。

はあ?

なんなんだ、この親に対するこだわり。

なんなんだ、この親子心中メンタル。

できの悪い親を持ったからといって、なんで自分までできが悪いと思うのか。

そもそも、あなたが生まれたのは、あなた自身が、この世界に生まれたくて生まれたくて、しかたなかったからだぞ。

自分が強烈に望んだから生まれたんだぞ。

親なんて子宮と産道を使わせてもらっただけだ。

お母さん、ありがとうございました。

親のかなりは、「子どもができちゃったから、産みました〜〜」の水準だ。

子どもが欲しくたって妊娠できない人もいる。

子どもが欲しくたって流産を繰り返す人がいる。

子どもは、親が決めて生まれてくるわけじゃない。

親が望まなくたって、生まれる子どもは生まれる。

私の父も母も正直な人だったんで、「子どもなんか欲しくはなかった。気楽にのんびり生きていたかった」と言っていた。

普通は、TVドラマかなんかだと、親にこう言われると、子どもは傷つくらしい。

私は、欺瞞には傷つきやすいが、正直さには傷つかない。

それは、親の本音だよ。

面倒くさいよ、子育てなんて、ほんとは。

産んじゃったから育てるんだ。

そのうちに、子どもが可愛く思えてくるだけのことだ。

人類が洗脳から溶けて、正気になったら、子どもは産まないし、子どもが生まれる原因である性交もしなくなるよ。

面倒くさいもん。

母は身体が弱かったから、子育てはほんとうにきつかったろう。

見てて可哀想だった。

私なんて、生まれてくる必要もないぐらいのできの悪い人間だ。

それでも、私はこの世界に生まれたかったから生まれた。

親の意向なんか無視してでも、私は生まれて来たかったんだ。

それだけ、この世界に生まれたかったので、生まれたんだ。

そして、親を踏み台にして私は生きた。

自分がやりたいことをするためには、親の死体でさえ、踏み越えたろう、私は。

両親ともに早々と60代で亡くなったので、私は老後の親を棄てるような真似はしないで済んだ。

でも、親が長生きしていたら、私は何をしたかわからない。

それぐらいに、私は自己中心的な人間だ。

だから、思いますね〜〜

親に愛されなかったルサンチマンを胸の奥に沈殿させて、50歳も過ぎて、刃物振り回して、殺人を犯すなんてさあ、なんて「自分のない人間」だろうかって。

「無私な人間」って、こーいうのを言うのよ。

いつまでたっても、神話とか幻想の中に閉じこもっている。

神話とか幻想を突き破って行く自分の意志ってものがない。

自分が生まれたくて生まれたことを忘れてる。

せっかく、親の身体を使わせてもらって、この世界に生まれたのに、この世界で生きることを楽しまない。

アッタマ悪いよね。

ここまでアッタマ悪いのは、なんで?

食い物が悪かったのか?

ちゃんと自分で料理しないとダメよ。

こーいう男って、絶対に警察署や自衛隊基地を襲撃しない。

カッコ悪い。

自死しやがった。

どこまでも卑怯な奴だ。ダメな奴は死んでもダメな奴だ。

生きていれば、学ぶことができたのに。

生きていれば、自分が、この世界に生まれたくて生まれたくて、生まれたってことを思い出すことができたかもしれないのに。

地獄に行ったら、もうこの世界に当分は帰還できないよ。

2000年間くらいは無理かもね。

学ぶ機会がもらえないままに、地獄にいるなんて、まっこと退屈だろうね。

生きていれば、死刑宣告を受け、刑務所の中で恐怖に駆られて生きることになったろうけれども、それでも学ぶことは多かったはずだ。

みなさん、もっとほんとうの意味で自己中でいようね。

私たちは、生まれたくて生まれたんだよ。

17 comments

  1. 藤森様
    こんばんは!
    たった今拝読させて頂きました。
    ご主人様の事、藤森様の御御足と健康状態が心配ですが、“生まれたくて生まれた”……
    この一言で何故か勝手に安堵している私をお許しくださいm(_ _)m
    私もかみさんも典型的な自己中人間です。
    娘が産まれた後、かみさんは一人の人間として育てると話した事の意味が解ったような気がします。最初は何云ってんだコヤツはと思っておりましたが、子供は親を選べず、親も子供を選べずに産まれて来るのだから、一人の人間として接して行くとよく話しておりました。そして、娘が嫁ぐその日まで変わらなかった事は、側に居た私だからこそ知っていた事でした。
    私も藤森様の仰る通り、このままいつまでも自己中人間で生きて行きたいと思います。いつもお教えを乞い誠にありがとうございますm(_ _)m

    いいね: 1人

    1. 生きる塾さま

      コメントありがとうございます。いやあ、嫌な事件です。今回は、ちょっと落ち込みました。あの犯人も、もっと自分のこと大事にすればよかったのに。

      しかし、奥様は、ほんとに筋の通った方ですね!素敵な方です!

      いつも拙文をお読みくださり、ありがとうございます。

      いいね: 1人

  2. 藤森様
    私も今回の事件は少し凹みました。
    かみさんは筋が通っているなどと上等なものでは無く、ただただ”自己中人間” なだけです。
    私は、藤森様の文章に触れる事が出来た事に感謝しております。まだまだ楽しみです。
    ありがとうございますm(_ _)m

    いいね: 1人

  3. 藤森さま、
    いつも琴線に触れる.感慨深いエッセイをありがとうございます。
    私も、4年前に妻をガンで、亡くしており、お支えになっている藤森様の努力に感心しております。(お医者様への対応など・妻=夫=医者のトライアングルをしっかり構築されている)、反面、医者任せにして、死なせらてしまった自らを悔いる時もあります。ともあれ、愛読者として、ご主人様の快復を心よりお祈り申し上げております。
    夫様が病んでから 藤森様の語り方が違って

    いいね: 1人

  4. つづきです。

    いま、明るく笑って生きることが大切ですね。
    失礼しました。
    今、貴女様の信長本に傾倒しています。

    いいね: 1人

  5. りょうたん様

    コメントありがとうございます。そうですか、奥様を4年前に。お気持ちをお察しします。

    夫の入院以来、もう生きてるだけで人間はパーフェクトだ、思想も金もどうでもいいわって気持ちになりました。死ぬまで懸命に生きればいいです。

    拙文をお読みくださり感謝です。このブログに書きつつ、いろいろな思いを乗り越えています。

    いいね

  6. 藤森様
    こんにちは!
    No358と359がどうにも開かず、読めません。
    ダグラスマレーの稿は私も以前同じものをアップしておりますので是非とも藤森様のご見識賜りたいのです。
    wordplessの方の不具合ですかね〜

    いいね: 1人

      1. 藤森様
        昨日は大変失礼致しました m(_ _)m
        藤森様にご連絡した後すぐ、娘が交通事故に巻き込まれたとの事で病院に行っておりました。
        娘の過失ではなく、追突され、幸いむち打ちで済みました。
        御面倒をおかけ致しまして申し訳ありませんでした。
        ゆっくり拝読させて頂きます。
        ありがとうございました m(_ _)m

        いいね: 1人

      2. 生きる塾さま

        ご丁寧なコメントありがとうございます。お嬢さんが事故とは、ご心配でしたね! 重症ではなくて、ほんとうに良かったです。大難が小難になりましたね!

        いいね: 1人

      3. 藤森様
        こちらこそ、ご丁寧にありがとうございます m(_ _)m
        本当に御面倒やら御心配やらおかけし通しで申し訳ございませんでした。
        ここのところ、日本国自体が何やらおかしくなって来ている様な気がしてなりません。
        藤森様も、旦那様共々くれぐれもご自愛下さいますよう。
        これからも色々ご教授頂きたく宜しくお願い致します
        m(_ _)m

        いいね: 1人

  7. 生きる塾さま

    ヨーロッパはもうダメですよ。東欧以外は荒廃するでしょう。あれは、ゲルマン民族大移動ではなく、イスラム教徒大移動です。彼らは中東に帰りません。

    いいね: 1人

  8. 藤森様
    お手をわずらわせてしまいまして大変申し訳ありませんでしたm(_ _)m
    これならアクセス可能です。
    しかし、ブログ内からはやはり入れません??はて?

    私もその通りだと思います。EUは最早終わりです。
    そして、かの勢力の最期の総仕上げが日本です!
    その前に支那がありますから、その前に何とかしなければなりません。
    トランプに何とかすがるしか出来ない属国日本のなんたる無様な事か…
    兎にも角にも誠にありがとうございましたm(_ _)m
    また、勉強させて頂きます。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中