[388] 私が買って良かったもの (28) 礒谷療法の紐

投稿者:

本日は2019年7月4日木曜日だ。

昨日は、やっと東京は北青山のPeek-A-Booに行くことができた。

「美容院の東大」に行ってきた。

カリスマ美容師の川島文夫氏にカットしていただいた。

忙しくて体調も悪くて、4月12日以来行けなかったので、髪はボッサボサだった。

やっとスッキリした。

前回で懲りたので、今回はパーマもカラリングも、前もって、高木さんというスタイリストさんを指名させていただいた。

川島先生によると、「パーマとカラリングだけ指名は基本的にはできないんです。いいスタイリストばかりに仕事が集中しちゃうでしょ。スタイリストは多いんだから、みんなに仕事が行き渡らないと困るじゃないですか」とのことなんですが。

知らんがな。

そこは、敢えて無視させていただく。

名古屋から新幹線を使って行くんだぞ〜〜行った甲斐がなければ嫌だ!!

カットは川島先生。パーマとハイライトは高木スタイリスト。眉カットは川村スタイリスト。

ここは譲らない。

川島先生はカッコいいですね!

70歳過ぎても若々しくテキパキしておられます。

スタッフの方々も素敵にオシャレで、眼福眼福。

マナーも良くて感じがいい。

川島先生に、ご自分で美容専門学校を設立なさるお気持ちはなかったのかと質問させていただいた。

そしたら、日本は管轄の厚生労働省がうるさくて、規制が実に細かくて、自由に好きな美容学校を作れないそーです。

外国人の優秀な美容師さんを雇用したいけど、日本の美容師の国家資格持ってないとダメだとか役所はうるさいそうです。

若き日の川島先生がオースラリアやイギリスに修行しにいらした時は、すぐに美容師として働けたそうです。

ニューヨークには、日本人男性の美容師さんがけっこう活躍していますが、ニューヨーク州の美容師資格試験は簡単だし、外国人は通訳も使えるそうです。

日本の美容界も優秀な外国人の美容師さんを受け容れることができればいいのだけれど、規制の壁は厚く高いそーです。

日本人保護みたいな顔して、消費者保護みたいな顔して、役人は自分たちの権限を増やしたいだけだよね、あわよくば天下り先が欲しいだけだよね。

さて、できあがりは、これ!

むはははは〜〜

ほほほほほ〜〜

絶壁頭が隠れてる〜〜

すごいでしょう〜〜

昨日は、実は朝から嬉しかった。

なんでかっというと、初めて足首と膝下と膝上を紐で縛って眠ることができたから。

前から試していたんですが、なかなか縛ったまま眠れなかった。

途中で紐を解いてしまうことが多かった。

ところが、7月2日と3日の間の夜は、脚を縛ったまま眠れた。

眠りも、いつもより深かったと思う。

何よりもびっくりしたのは、朝起きてベッドから出るときに、膝が痛くなかった。

まっすぐ歩けた。

比較的滑らかに歩くことができた。

だから、昨日の東京行きは、杖なしで行って帰ってこれたのです!

用心のために、折りたたみ式の杖を大型バッグの中に入れてはおいたけれども。

外出の時に、杖が必要って、鬱陶しいものなんですよ。

すごい!

膝上と膝下と足首を縛って眠れば、身体の歪みが取れて、私は杖なしで歩けるんだ!

どーいうふうに寝るかというと、下記の本の表紙をご覧ください。

こんな感じ。

https://amzn.to/2RR5Lk9

これだと、仰向けでしか寝れません。

横になることもできるけれど、寝にくいから、また仰向けになる。

真っ直ぐ真っ直ぐよん。

そうすると、舌も上口蓋について、鼻呼吸になれる。

これらのことは、例の「舌はがし啓蒙活動」のリーダーの平井幸祐氏に教えていただいたことだ。

舌はがしについては、本ブログでも何回も記事を書いてるので、読んでおくんなまし。

平井氏は、舌はがし&舌上げとともに、身体を歪ませないために、脚を縛って寝るように患者さんを指導しておられる。

赤ちゃんの脚を縛って、仰向けで眠らせると、脚が冷えなくて、かつ骨盤も歪まないし、身体は真っ直ぐで、舌も上がったまま。

そうなると、落ち着きのある学習能力も高いお子さんに育つ。

学級崩壊で教室をウロウロしてる猿みたいなガキに育たない。

実は、じわじわと、人知れずに、赤ちゃんの脚を縛って眠らせるお母さんが増えているんですよ……

下の写真は、平井氏とお母さんがたの学習会からパクらせていただいた。

すみません。

赤ちゃんをおくるみで包んで眠らせる文化があるでしょう。

あれは理にかなって合理的らしいのです。

みなさん、寝相が激しい方が健康的だと思ってるでしょう?

それが、常識みたいでしょう。

でも、違うんですよ……

私は、そのあたりの科学的理由は理解できないです。

以下のサイトで啓蒙しているらしい。

http://www.isogaitherapy.com/

「礒谷力学療法」(いそがいりきがくりょうほう)と言うのだよ〜〜

2016年には雑誌AERAでも紹介されたらしい。

https://dot.asahi.com/tenkijp/suppl/2016021700235.html

書籍には、こういうのがある。

https://amzn.to/32aXuMz

本はいろいろあるようだ。

内容の似た書籍には、以下のようなものもある。

https://amzn.to/32aXXOP

https://amzn.to/32c6LUX

あのですね、みなさん、デスクワークのときでも、眠る時も、脚を縛るといいですよ。

紐で脚を縛ると、身体が歪まないそうなんです。

O脚の改善にもいいらしい。

身体が歪まないかどうかは、私は身体感覚が非常に鈍い人間なので、わからない。

でも、デスクワークするときは、必ず布紐で膝を縛る。

集中できる。

姿勢が悪くならない。

病院で夫の抗がん剤点滴が終わるのを待っている時も、膝上を縛りその上にコートをかけて、タブレットで本ブログの記事を書いてた。

ほんとに、集中できます。

正座の時も膝を縛るといい。

自宅で食事するときも、私は膝は必ず布紐で縛る。

ソファに寝っ転がって、本を読んだり、タブレットするときも、膝を縛る。

身体が歪まないように。

脚が短いのは、縛っても治りません。

脚を縛ることで、股関節や骨盤の歪みが是正されるそうだ。

よくわからないけれど、実際に、脚を縛って一眠ったら、翌朝は私は杖なしで歩けた!

だから、効果があるんだと思う。

私は新幹線で遠出する時も、膝を紐で縛る。

バッグには、必ず紐が入っている。

紐で縛っているところは、上着やショールで隠す。

新幹線の座席って冷えるでしょう。

まずは冷えを回避できる。

姿勢が崩れない方が疲れないし、立ったときに脚の安定感もいい。

この紐は、下記のサイトで売っている。

ネットで調べると、カラフルな赤や黄色の礒谷力学療法の紐を販売しているサイトは他にもある。

私は、ここでも購入したんですが、どういうわけか今はそのサイトが見つからない。

倒産したんかしらん。

平井氏の「七星スパルタ鍼灸院」のオフィスでも売っている。

https://nanahoshi89.wixsite.com/nanahoshi-hp

平井氏は通販もしておられると思う。

古くなったネクタイがあれば、それを利用できる。

ある程度の幅と柔らかさが必要だよね、この種の紐は。

この「礒谷療法グッズ」の紐セットはメルカリでも売ってた。

Amazonでは売ってない。

楽天は調べてない。

まずは、デスクワークのときに、膝を縛ることから始めるといいと思う。

だんだん、膝を縛らずに腰掛けるのが嫌になる。

なんか、紐なしだと姿勢が崩れて身体が歪む感じになる。

できれば、紐で縛らずとも、姿勢が崩れないようになればいいのだけれども。

紐で脚を縛るだけで、いい効果があるなら、やらないと損損。

私の脚の不調は、骨盤の歪みのために、脚の長さが右と左だと3センチも違うから。

脚を縛って眠ると、その差が縮むらしい。

気長にやって行こう。

脚を縛って眠ろう。

10件のコメント

    1. Tyakuraさま

      コメントありがとうございます。Tyakuraさまも、紐族でらっしゃいますか。

      あんな単純なことで体調が良くなるなら、ありがたいですよ〜〜励行します!

      いいね: 1人

      1. 陶器いいい?へえ〜〜

        そうですか!紐の方が効果があるのですね!私は脚の不調をなんとか軽減したいので、こーいうことで何とかなるなら、ありがたいです!

        いいね: 1人

  1. ヘアスタイル素敵ですね。とても絶壁とは思えません。(私も絶壁なので😅)

    で、紐の話ですが、こちらも非常に面白いですね。外してしまうという感覚もよく分かりますし、基本的には専用の道具が要らないというあたり、素晴らしいと思います。

    足の内旋(外旋)が様々な骨格の歪みを助長しているという話はよく聞きますし、理解も出来ます。

    私が外出時に履いているオーソティクス(カスタムメイドのインソール)も、足の内旋や外旋を補正し、ニュートラルポジションにしてくれるという製品ですが、やはり効果が覿面なので、無しに戻すことは嫌だなーと思います。

    以前、全身整体を受けた際に、帰りのホームで、立って電車を待っていたところ、普段の姿勢(斜め傾げ)になろうとすると、どうも塩梅が悪く、まっすぐにすっと立った姿勢が一番楽に感じることに気付いて、びっくりしたことがあります。
    その夜眠る際にも、いつものように横向きで寝ようとしても、やはり、まっすぐ上を向いて寝る体制が一番楽に感じて、二度びっくりしたものでした。

    人間どうしてもクセがあるので、整体は定期的に行わないとまた元の木阿弥になってしまうようですが、やはりあの時の衝撃は忘れられません。

    いいね: 1人

    1. KYOさま

      コメントありがとうございます。ヘアスタイルの件ですが、技術のある人がすると、ほんとに違うんです。去年の5月に初めて行って、こうも違うのか!と思い驚きました。

      オーソティクスですかあ。効果は覿面ですかあ。調べてみます。

      身体が真っ直ぐというのが、私は鈍いのでよくわかりませんが、死ぬまでに一度くらいはスッキリ楽々と真っ当に立ち歩きたいものです。

      いいね: 1人

      1. お返事ありがとうございます😊

        オーソティクスですが、去年から使うようになりました。
        最初は別に使っていても、あまり実感は出来なかったのですが、一日中外出して長時間歩いている時などに、いつもなら途中で足が疲れてしまい、タクシー乗ろうかな。。。なんて思っていたのに、そんなこともなく帰宅出来ました。
        帰宅後の足の疲れ方もかなり違いました。
        「身体がニュートラルポジションになると歩行時の負担が減る」ということを身を持って実感した気がします。
        インソールなので、色々な靴に入れ替えて使えるのも便利ですね。
        一度、入れ忘れたまま外出したことがあって、外出途中から嫌になるくらい足が疲れてしまい、やっぱり効果はあるんだなーと思いました。
        最近では履かずに出るのが不安です。

        昔、足を細かく計測してドイツのマイスター資格を持っていた職人さんに靴を作ってもらったことがありましたが、高価なのに重い靴で、履いていて疲れてしまい、履くのが嫌になったこともあります。

        いま私が使っているのはフィートインデザインという所のオーソティクスですが、最近、色々な物が出て来ていますね。

        フィートインデザインのインソールは、こちらの桑原先生がよく使ってらっしゃいます。

        https://www.nhk.or.jp/lifestyle/sp/article/detail/00699.html

        プロゴルファーやプロ野球選手、プロサッカー選手なども使用しているのですが、宣伝費や広告費をかけない会社なので、スポンサーもしていないため、プロのみなさんも自腹で購入しているとのことでした。

        ちょっとへそ曲がりな感じもしますが、その分の広告宣伝費が商品代金に上乗せされないなら、消費者的には良いことかなーと思っています。

        いいね: 1人

      2. KYOさま

        フィートインですね。こちらの方面もちょっと本気で調べてみます。

        職人さんにオーダーはしたことないのですが、高いのに重いのですか。靴ってのは、良いものになかなか出会えませんよね。まあ、バッグと同じですよ。これぞ!って出会っても、製造されなくなったり。

        貴重な情報を、ありがとうございます!

        いいね: 1人

  2. 藤森様
    いつもながら素敵です!
    始めてご尊顔を拝した時も思いましたが、本当に上品であられます。
    私など、絶壁な上に歪んでおります。笑

    私も右膝が常に痛いのですが、大変良いことを教えて頂きました。
    是非、試してみたいと思います。
    いつも良い記事をありがとうございます
    m(_ _)m

    いいね: 1人

    1. 生きる塾さま

      コメントありがとうございます。ご尊顔……って……年相応ですけどね、ほんと。

      今日も夫の付き添いで病院に行きましたが、杖はなしですみました。紐で脚を縛って寝るだけなのに、杖なしでなんとかなるなんて。杖はなくても歩けるんですが、すぐに痛くなってました。しかし、縛って寝ると痛くないのです。

      これはみなさん試してご覧になるといいと思いますよー

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中