[484] 切羽詰まっているので雑談です

投稿者:

本日は2021年9月1日水曜日です。

え〜〜「舌はがし本」のことで切羽詰まっております。

ですから、今日も雑談です。

綾瀬はるかちゃんがコロナで入院とか、気になりますね。

事務所にこき使われて、疲れていたのでしょうね。免疫が弱っていたのだよね。

今35歳か。そろそろ体調に変化が出る頃です。

37歳になると、妊娠率がガクッと減るので、初妊娠出産は37歳までにはクリアしたいですね。

って、妊娠すら一度もしたことない私が言っても説得力ないですが。

はるかちゃんを、休ませてあげて!

ところで、眞子さまが今年中に小室圭さんとご結婚で、アメリカで暮らすとかいう訃報が出ました。

半旗を玄関に掲げましょうか。

https://www.yomiuri.co.jp/koushitsu/20210901-OYT1T50085/

日本人のほとんどが、「げっ」となっております。

これも大東亜戦争の死者たちの呪いでしょうか。

昭和天皇の御霊が緑色の大きな大きな龍となって、硫黄島で戦い亡くなった日本軍の将兵の方々の御霊をいっぱいいっぱいいっぱい乗せて、天に運んだくらいじゃ、おさまらんわ。

反日勢力の工作員に騙されちゃったってこと自体が、呪われている証拠。

でもなあ、お姫様からすれば好きなんだから、しかたないよね。

他人が、「おかんが悪質」とか「顔が大きい」とか「他人の金で食う奴」とか「自殺した親族の霊が憑いてる」とかどんだけ言っても、余計なお世話だよね。

私は、そこまでの頭がおかしくなるほどの恋愛したことないから、お姫様のお気持ちはわからない。

私は性格が悪いから、好きな男でも、「こいつものの食い方が汚いな」とか「気が小さいな」とか「ヒステリックになるタイプだな」とか「いい人だけど、どうでもいい人だな」とか「無駄口叩くタイプだな」とか「いざとなると逃げるタイプだな」とか「くだらんプライドを超えることができないな」とか、チェックしてたからさあ。

ついでに、どーいうわけか、この人は歳をとったら、どういう顔になるか、と想像する癖があってさ。

今でも若い人の顔の横に中年過ぎの顔を幻視する。

ほほほ。

お姫様、いまどき離婚なんて普通のことだから、迷妄から醒めたら、伊勢神宮に参拝して禊をお受けください。

それでOK!

国民は、お姫様が正気になられることを大歓迎いたします。

一度くらい、酷い目にあうのも人生です。

どこの家でも、大事に育てた娘がとち狂うって、よくあることですから。

昭和天皇の女性のお子様方(つまり上皇のお姉様がた)の中には、ご主人が愛人さんのお宅で腹上死なさったという例もあります。

不祥事でした。

腹上死って、わかります?説明しませんからね。血圧が高かったのでしょうか。頑張り過ぎたのでしょうか。

人間だもの。現人神じゃないもの。

あのとき、マスコミは「愛人宅で腹上死」とは報じなかった。

「知人宅でお亡くなりになった」と報じていた。

あの時、地位ある男性で、愛人を持っていた方々は、「知人宅で死なないようにしなきゃねえ」と冗談を言い合っていたそうだ。

このかつてのお姫様のご主人の愛人というのが、愛知県立第一高等女学校(今の明和高校)の卒業生だった。

そんな才色兼備が名古屋でバーを経営なさっておられたんざます。そこにお姫様のご主人が通ってらしたのでございます。

地元の名古屋市民は、「やっぱり、美人で頭が良くて気が利くほうがいいもんなあ。お姫様の前じゃあ、ステテコ姿にもなれないし」なんて冗談を言ってた。

そういう大人の冗談をじっとじっと聞いていたガキの私。可愛げのない私。

Twitterで、「こんなんでは日本人の愛国心が弱くなる」と危惧する投稿あり。

大丈夫大丈夫。

愛国心と皇室は別物ですから大丈夫です。国土と縁(えにし)ある同胞たちへの愛情は、皇室がどうなっても消えません。

特権的貴族がほんとはアホって普通のことですから。

でも、反日勢力の工作員に煽られて、皇室というシステムをわざわざ潰すことはない。

ま、それにしても、鈍感力でよく頑張ったすね、小室圭さん。

あの「気にしない能力」から学ぼう。

弁護士なんてしないでしょ。どんな弁護士になるんよ。

国連にでもコネで入るんじゃないの。

それか「日米親善交流捏造協会」なんて作って理事長におさまるとか。

どっちみち食いっぱぐれなし。

まことに、おめでとうございます。

人生を舐めたらいかんぜよ。

4件のコメント

  1. おはようございます。朝から、スッキリしました!先生の雑談大好き💕やはり、戦死した兵士の救われない霊の祟りが、曾孫に出たのですね。1920年前後に生まれた人たちは、本当に気の毒です。

    いいね: 1人

    1. 岡山貴美子さま

      コメントありがとうございます。雑談ばかりで、すみません。

      1920年前後大正時代に生まれた方々は、ほんとうに戦争では苦労なさいました。

      そういう歴史とか学ばないのでしょうかねえ……あの方々は。

      いいね

  2. 本当に訃報ですよね、、、、
    朝起きでつけたCSのニュースチャンネルで開口一番これでした。朝からげんなりです。
    でもかよこ先生のブログを拝読して、笑い飛ばせました。
    この姫。正気にはならない気がします。何しろおつむの問題もありますし。
    私にはあの一家がアダムスファミリーにしか見えません、昔から。義理の母も加えて更にパワーアップですね。

    いいね: 1人

    1. コトリさま

      コメントありがとうございます。

      なんか、こんなに愚かとは……とガッカリして、関心が消えつつあります。

      まあ、食いっぱぐれはないので、なんとかなるでしょう。

      お姫様が正気になるには時間がかかるでしょう。じっくりじわじわと後悔する人生って、辛いですけど。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中