[520] 10/8/2021 また女性週刊誌ネタですみません

投稿者:

本日は2021年10月8日金曜日です。

気温と湿度が上がり、夏に戻ったかのような日でした。

やな感じ。地熱が……地磁気が……

気温が高く晴天が続くと地震が気になる。

しつこく言うけれど、破談とまでいかずとも、「複雑性PTSD」が重くて、治療が必要なので、眞子様のご結婚延期になれば、普通の秋が来るって。

きちんとした精神科医によると、「複雑性PTSD」という病気について無知である、馬鹿にしてる、チャラチャラと記者会見できるような軽い病気じゃないんだぞ、らしいですが。

なんか、VISAが発行されないぐらいの、アメリカ入国できない水準の精神疾患だとか。

あれあれ、宮内庁が雇った精神科医がいい加減な人であったようです。

でもまあ、なんでもいいです。

病気を理由にして結婚を延期すればいいって。

そしたら、震度5なんて地震は来ないって。

日本の地霊はお怒りを、ひとまずは鎮めてくださるって。

天皇陛下、姪御さんを説得していただけないでしょうか。

あそこのご両親は苦労が足りなくて迂闊でダメです。

まあ、いまどきの50代って、あんな水準です。

ともかく、この縁談は、もう終わっています。

姪御さんの婚約者のお母さんが詐欺罪で告発された。

それだけで、もう終わっています。

おそらく、書類送検で誤魔化され、逮捕には至らないでしょう。

なにしろ、お姫様の口から、皇室の内部のあれやこれやが小室圭さんに伝わっています。

あることないこと書かれて後日に出版でもされたら、目もあてられません。

皇室はこの母子との悪縁を切ることはできません。

今後もいろいろ皇室はカネを小室母子に渡すことになるでしょう。

それでもいいじゃないですか。

お姫様を人質に取られるより、カネを取られ続ける方がましです。

ハッキリ言って、この勝負は皇室の負けです。

国民ビックリです。

まさか、一応は2500年以上の歴史を誇る皇室が、こんな程度の低い庶民の母子に引っ掻き回されようとは。

皇室って、こんな他愛のない機関だったのかって。

思えば、パラリーガル程度(すみません、パラリーガルさんたち)で、内親王にプロポーズできたということだけでも、小室圭さんの異常性は明らかでした。

まだ弁護士でもない大学院生が結婚ということは、最初から他人のカネで生きていく気満々でした。

きっもいわああ。

あの2017年の婚約ニュースの時、私は内親王にプロポーズできたくらいだから、小室圭さんは、どっかのボンボンなんだろうと勘違いしました。

華族の末裔とか、明治以来の財閥の創始者の子孫とかなんだろ、と思いました。

のわりには、顔がジャニーズ系で品がないなあと思いました。

そしたら、もっと品のないおっかさんが出てきたんで、あれ?と思いました。

まあ、いいよ。

ともかく、小室圭さんは、内親王に密接接近することで、内親王のヨーロッパや南アメリカの外遊につきあうこともできた。

マスコミに顔も売ったし、他人の金でニューヨークに留学もできた。

で、結婚永遠に延期ということで、「皇族になり損ねた男」という似非ロイヤルファミリー・ブランドも得ることになった。

損は全くなし。

してやったりです。

小室圭さんは、まともな日本人なら絶対にできないことを軽々と成し遂げたんだ。

さすが、半島大陸系反日反社勢力との繋がりを匂わすだけのことはある。

小室さんは、皇室といっても、けっこう隙だらけだって事実も知らしめた。

とはいえ、皇室は小室圭さんに負けたけど、得るものもあったよね。

今回のことに懲りて、皇族の人間関係のセキュリティにもっと留意するようになる。

今後は、結婚相手は、旧華族系とか旧宮家の末裔に限るとかいう不文律ができるとかさあ。

特に「お嫁さん」は、もう一般家庭からは調達しないこと。

チャラチャラと外出大好きファッション大好きなミーハーじゃなくて、超思慮深い女性を選ぶこと。

世間なんかに顔を晒すのは下品と分かっている超気位の高い確信犯的引きこもり平気女性を選ぶこと。

モデル顔、女優顔、アイドル顔は下品。引き目かぎ鼻平安朝美人でよろしい。

もう、皇室の危機に立ち上がり暗殺も厭わない八咫烏(ヤタガラス)軍団なんて秘密の組織はないんよ。

そういう軍団に属する人々が住んでいる地域も限界集落になっちゃったのかもね。

ということで、本日もこのネタですみません。

午後に外出して帰宅したら、暑気あたりで横になって目覚めたら午後9時近く。

何をやってんでしょうか。

ランチのパスタが重かったので、遅い遅い夕食は野菜たっぷりの餃子スープのみ。

ランチ

胃に負担かけると、脳足りんになるので、これでいいです。

紹介したい本とかいろいろあるのに、今日も女性週刊誌ネタですみません。

あ、本日、中国からアイン・ランドのAtlas Shrugged とThe FountainheadとAnthemの中国語翻訳が届きました。

日本の中国語文献取扱店経由です。

中国のAmazonみたいなところに注文できる中国語力はなし。

読めるようになりたいなあ!

https://shushi.marvellous-labo.com/asahikawa/shomei/

2件のコメント

  1. こんばんは。

    きっもいわああ。

    に、全くもって同感です。それにひっかかる姫もきっもいわああ。です。
    会見もきもかったですし。
    姫のお母様の喪中婚約会見に匹敵するきもさです。
    先日有本香さんが、「ここまでロクでもない人は滅多にいない。」と言っておられましたが、いちばん端的に彼を評しているのが、この有本さんの発言と、かよこ先生のきっもいわああ。だと思います。
    姫様の結婚が決まって以来、巨大台風やら地震やら頻発していますね。
    神様が怒っていると言っている人は、私の周りにも多いですし、私もあながち笑い話ではないと思っています。
    平穏な日が戻ることを祈るばかり。

    いいね: 1人

    1. コトリさま

      コメントありがとうございます。まだまだ甘いこと考えているようなので、皇居あたりが震度6くらいに揺れないといけませんね。

      私は、結婚は永遠に延期になると思っています。それが日本国のためです。ご本人たちのためです。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中