[483] 超忙しいので雑談です—ブルカについて

投稿者:

本日は、とうとう2021年8月31日火曜日です。

さらば盛夏でございます。

夏が嫌いだから、嬉しいよん。

「舌はがし本」は、だいたいラフ原稿はできた。しかし、まだまだ見直し書き直さなくてはいけない。

目次も文献リストも作成しなきゃ。

出してくれる出版社が見つかるといいなあ!

長いものじゃないです。価格は絶対に1000円でお釣りが来なきゃ。

出版社が見つからなかったら、どうしようか。自費出版なんて贅沢なことできる身分じゃないです。

まあ、今はともかくいい原稿にすることだけ考えよう。

というわけで、今日も忙しいので、雑談です。

「ブルカ」について、です。

「ブルマ」ではないです。ブルカ。

イスラム教徒の女性が着用するブルカです。ブルカって黒一色ではなく、カーキ色とかオレンジとかブルーとかのもあるらしい。

まあ柄物はないようだ。水玉とかタータンチェックとかストライプの模様のブルカはないようだ。

この写真は正式なブルカじゃない。「ニカブ」っぽい。地域によって違うらしい。これは女性の顔を出し過ぎ。

私がブルカを初めて見たのは、1985年32歳の時にイギリスに行くのに、航空運賃が安いので南回りのシンガポール航空を使い、乗り換えで、ドバイかなんかの空港で数時間待ってたときだった。

空港のトイレに行ったら、黒いブルカを着て目だけ網目状になった部分から見える女性がズラリと列を作っていた。

初めて見たときはビビった。怖かった。中東の「くノ一」女忍者軍団か!?と思った。

でも、私は、あのブルカは合理的だと思う。

自宅では、女性はブルカなど着ない。ジーンズにTシャツとか、ド派手なルームウエアとか。

でも、外出するときはブルカ。

あのブルカは、若い女性と見ると、ムラムラきてしまう類の性欲の強い男性を刺激しないための衣装でもあるので、女性を守っている。

髪も顔も肌も露出しないで黒いブルカから目が見えるだけだと、黒い物体がウロチョロしているだけだから、痴漢も露出狂も強姦魔も刺激しない。

なんで、そんな性欲だけ盛んな男たちに遠慮しないとあかんか!と女性は考えるかもしれないけれど、しかたないんよ。

あいつら、そういう脳だから。そういうことしか考えない脳なんよ。そればっかり考えてる脳なんよ。

生まれつき、そうなんであって矯正できないのよ。去勢はできるかもしれんけど、司法は男に甘いんよ。

なんでかっというと、裁判官には性欲男の気持ちがわかるから。そんなん、当たり前じゃん?と裁判官も思っちゃうのだ、性欲だけ男の狼藉に。

だから性犯罪の罰はとっても軽いんよ。

でもってさ、性欲だけある脳足りん男は、男性全体の軽く半分は超えてるんよ。いや70%はそうかもしれない。

あろうことか、そいつらは、女が自分を誘惑してると思うんよ。でなきゃ、あんな格好はしないと思うんよ。強姦されたいから、ああいう格好してると思うんよ。

だから、ヨーロッパに移民したイスラム教徒の頭の悪い類の若者はヨーロッパ人女性を強姦するんね。自分を誘惑した!と思ったんですね。本人たちにとっては「正義の怒り」なんよ。

こーいう事実については、女性と娘の親は知っておくべきだけど、これが知らないのよね〜〜

で、幼い娘に肌の露出の多いドレスなんか着せて喜んでるんよ、脳足りん親が。変態幼児性愛者の危険について何も考えていない。実に不用心だ。

私は、もともとが文学好き小説好きの女の子だったので、そういうことはある程度知っていた。

ついでに亡き父が、「男はそういうことしか考えていない奴が多いので、男に対して愛嬌は要らない。殺気でいい」と私に教え諭した。

で、私は十分に気をつけていたんざます。で、性犯罪は、痴漢と露出魔に遭遇した程度で済んだのであります。

ハッキリ言って、若い頃の私はあまりに男性に愛想がないので、レズビアンだと疑われたくらいだ。

という私なので、実はブルカに賛成だ。

あれはスッポリ全身を覆うので、デブでもいい。手足が短くていい。毛深くていい。脱毛無用。ヘアスタイルなんて見えない。スキンヘッドでもいい。化粧なんて無用。皺も肌荒れも見えない。

なによりも、他人の関心を惹かないのがいい。

自由だ!

ブルカなら、春用夏用秋用冬用で、それぞれ2着で計8着でいいんじゃないの。あと晴れ着と葬儀用がいるから、10着か。

ブルカならば、衣服代もかからない。流行なんか関係ない。クローゼットの整理も簡単シンプルでいい。

ファッション産業のことなんか知らん。質の良いブルカを作ってね!

女性は、見てくれを良くするために多大なエネルギーを費やす。

ブルカならば、女性は自分のエネルギーを他のことに使える。

私は、若い頃に思ったもんだったよ。見てくれを良くすることに使う時間と金とエネルギーがもったいないなあと。こんなことしてるより、もっと漫画も本も読みたいわって。

でもさ、見てくれをある程度にしておかないと、女は社会に居場所ができんのよ。賃金労働にもありつけないんよ。食えないんよ。

そうしたって、所詮はあっというまに年取るわけよ。40歳過ぎれば、目元に笑い皺ができるんよ。

基礎化粧品も高いよ、いいものほど。

でも、ほんとはニベアでいいじゃないの。ブルカならばニベアでいいよ。口紅は紅生姜で。

ということで、フェミニストなら、ブルカに賛成するんじゃないかと思ってたら…ブルカは、女性抑圧の象徴みたいに言われたりする。

欧州なんかでは、フランスとかベルギーとか、イスラム教徒移民に女性のブルカ着用を禁じたりしてる。

なんで?

よくわからんわ、私には。

ブルカ、Amazonでも売ってます。

上の写真はブルカではなく、ニカブです。いろいろあるんですよね〜

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中